大好きな彼に告白したい・・でも、その勇気が出ない。

好きな彼と話をするだけでもドキドキ・・そのうえ告白ともなれば、そう簡単に勇気は出ないのは当然です。

とはいえ、このままの状態も辛いですよね。

どうすれば、彼に気持ちを伝える勇気を持つことが、出来るのでしょうか。

今回はあなたの力になるべく「告白をする勇気を出すための秘策」を、考えてみました。

ポイントは5つ!一緒に見ていきましょう!

成功するイメージトレーニングをする

まずは、何度も告白のリハーサルをすることが、いいようです。

もしもその際に「彼に嫌な顔をされたら・・」などのネガティブな思いが、浮かんできたら全て消去です!

絶対に上手くいく様子だけを、イメージするのです。

少し難しいかもしれませんが、自己暗示にかけるような感じです。

あなたが好きで、心が落ち着くものはなにかありませんか?例えば、
大好きな彼に告白したい・・でも、その勇気が出ない。

好きな彼と話をするだけでもドキドキ・・そのうえ告白ともなれば、そう簡単に勇気は出ないのは当然です。

とはいえ、このままの状態も辛いですよね。

どうすれば、彼に気持ちを伝える勇気を持つことが、出来るのでしょうか。

今回はあなたの力になるべく「告白をする勇気を出すための秘策」を、考えてみました。

ポイントは5つ!一緒に見ていきましょう!

  • この歌を聞いていると元気になる
  • 絶対に効果があると思えるおまじないがある
  • このお守りを握りしめていると安心する
  • この言葉がとても好きで、時々心で唱えている

など、あなたの心が丈夫になるものを探して、「これがあるから絶対に大丈夫!」と、自分に強く暗示をかけちゃいましょう!

人の心は、それと似たようなものを引き寄せる性質があるって、ご存知ですか?

あなたがポジティブな思いでいれば、きっとその結果を引き寄せるはずです。

未来の自分を想像してみる

告白した場合と、しなかった場合、それぞれの「未来のあなた」を想像してみるといいようです。

今のあなたは、彼に気持ちを伝えたい思いはあるものの、先延ばしにしている状態ですよね?

このまま告白をしなければ、恐らくこの状態がずっと続くはず・・それを考えてみてどうですか?「辛いな、嫌だな」などと思いますか?

もっと具体的に

  • 告白した時のメリット
  • 告白しなかった時のメリット

などと、考えてみるといいかもしれません、例えば

告白した時のメリット

もしもあなたが勇気を出して、彼に告白をしたら

  1. 彼と付き合えているかもしれない
  2. 寂しい片思いが終わっているかもしれない
  3. 彼と毎週デートを楽しめているかもしれない
  4. 毎日連絡を取り合えているかもしれない

告白しなかった時のメリット

反対に、あなたが告白をしなかった場合

  1. 今の関係を壊さずにいられている
  2. 自分が傷つく心配がない

いかがですか?こう比べてみて、どちらに気持ちが動くでしょうか。

もしも、告白した時の未来への憧れの方が大きかったら、もう、告白するべき時は来ているのかもしれません。

「寂しい片思いは、そろそろおしまい!」そう、区切りをつけてみるのもいいかもしれませんよ。

ちょっと焦ってみる

あなたが好きになるくらいの彼です、きっと他の女性からもモテモテなのでは?

あなたが迷っている間に、他の女性にとられてしまう可能性もあるのでは?

そう、あえて自分を焦らせるのも、いいかもしれません。

事実、あなたが告白を迷っている間に、他の女性が告白してしまう可能性だって、ゼロではないはずですよね。

その女性の告白に、彼がOKをしてしまったら?・・何もしないでいることで、デメリットも生じてしまうのです。

「やらないで後悔するよりは、やって後悔する方がいい」そう、肝に命じながら、少しカウントダウンのペースを早めてみてください。

時すでに遅し・・に、ならないようにしてくださいね。

友達の力をかりる

信頼できる友達の力を借りてみるのも、おススメです。

一人で考えていると、煮詰まってしまうこともありますよね?

頭の中で「告白するか、しないか」の、堂々巡りになってしまっていたり・・。

そんな時は、信頼できる友達に打ち明けてみましょう!的確なアドバイスをくれるかもしれませんし、あえて友達に「私は告白する!」と、宣言してしまうのもいいかもしれません。

自分一人だと、ズルズルと言い訳を並べて、先延ばしにしてしまいがちですが、第三者に宣言することで逃げ場がなくなります。

そう、自分を追い詰めて「告白せざるおえない状況」にしていくのも、いいかもしれませんよ。

傷つく怖さを受け入れる

ちょっと意外かもしれませんが、あなたの気持の中にある「傷つく怖さ」を丸ごと受け入れてしまいましょう!

恐らく、あなたが告白を出来ない一番の理由は「振られて傷つくのが怖いから」ですよね?

それは、誰しも同じで少しも恥じることではありません。

だけど、その思いが告白の足かせになっているのなら、まずはその怖さを否定せずに受け入れることがいいそうです。

「怖くない、大丈夫、傷つかない」などと、自分の気持を打ち消そうとすると、かえって恐怖心は大きくなっていくのだとか。

「振られてもいい」「傷ついてもいい」と、受け入れてしまうこと。

思い切って声に出してみるのもいいそうです。

当たって砕けろの精神で!

「砕けたところで、私は私で生きていけるから大丈夫!」そんな、少し開き直ったような気持ちで挑んでみると、いいのかもしれませんよ。

まとめ

いかがでしたか?告白をする勇気が出てきましたか?

街を歩くどのカップルも、はじめはきっと勇気が必要だったはずで、勇気を出したから、今の幸せを手にしているのです。

人を好きになるということは、とても美しくて尊いことですよね。

そのあなたの美しい気持ちを無駄にせずに、どうか、彼に伝えてみてください。

あなたの勇気と告白の成功を、心から応援しています。

おすすめの記事