彼氏に真剣な話を聞いて欲しい。まじめな話だからこそきちんと伝わる話し合いはどんなものなのか考えてしまいますよね。

真剣だからこそ場所やタイミングに失敗はしたくないもの。

充分な話し合いをするためにもコツを押さえておきましょう。

彼氏との話し合いの場所はどこがいい?

彼氏と別れ話をしたい時やこれからの二人について、直してほしいところなど真剣に話をするのにおススメの場所は2パターンあります。

それは、感情的になるかならないかによって場所を選ぶほうが良いからです。

例えば、別れ話をするという時で“ケンカになりそう”“言い合いとなりそう”“大泣きをしてしまいそう”など感情的になることが予想される場合はあえて周囲の目が気になる人が多い場所を選ぶことにより感情を抑えることが出来ますよね。

  • ファミレス、居酒屋
  • 喫茶店、ホテルのラウンジ

など雰囲気に合わせて選ぶと良いかと思います。

特に会話を聞かれたくないという時であれば、自分たちの会話が紛れるざわざわとしたファミレスや居酒屋等を選ぶと良いですよね。

そして、将来についての方向性や性格など直してほしい事を伝え、一緒に考えて欲しい時であれば公共性のない

  • 自宅
  • 車中

など二人きりの空間が出来る場所をお勧めします。

周囲に気を遣う必要もないですし、プライベートな空間でリラックスができ、落ち着いた考えを導くことが考えられるからです。

話し合いの切り出し方とタイミングは?

ショッピング中やテーマパークで遊んでいる最中にいきなりまじめな話を切り出されても相手は戸惑ってしまいますよね。

どのタイミングで話出そうか自分もドキドキと落ち着かなくなるでしょう。

TPOというものを前もってシミュレーションしておくと良いかもしれません。

お勧めするタイミングは食後などちょっと一息ついた時。

「少しまじめな話があるのだけれど…」と切り出してみましょう。

もしくは、会う前日などにメールなどで「明日少し話したい事があるから聞いてくれる?」といった内容で少しにおわせておくと相手もとまどいが少なくなるかもしれませんね。

話し合いであなたが気を付ける事は何?

できるだけ感情的にならない事を心掛けてください。

別れ話であれば、怒りや感情があふれてしまう事は仕方のないことかもしれません。

しかし、感情的になればなるほど相手もヒートアップして手が付けられない事になることも良くあること。

冷静である方が話の主導権を握れるということもあり得ます。

売り言葉に買い言葉という状態になればまともな話し合いはできませんよね。

いくら彼氏に非があろうとも高圧的に話すより低姿勢で話をする方が、あなたの要望もすんなりと受け入れてくれそうですよね。

話し合いを逃げる彼氏はどうすればいい?

都合の悪い話であれば人間誰もが逃げたくなりますよね。

きちんと話し合いたいのに逃げてばかりという彼氏であれば先に進めずイライラとしてしまう事もあるでしょう。

まずは、

「こういった事をきちんと話し合いたい」

という事を真剣に伝えましょう。どんなに自分が真剣話し合いたいかを分かってもらう必要があります。

それでも逃げる彼氏であれば、“時間を決める”という事をしてみてはどうでしょう。

「この日に1時間だけで良いから」と具体的な日時、そして話し合いにかかる時間を決めると応じやすくなるかもしれません。

“いつか、いつか”でなく“この日”と決めることで逃げにくくなりますよね。

電話で話し合いをする時に気を付ける事は?

電話は相手の顔が見えない分、言いにくい事もサラッといえたりすることがいいですよね。

しかし、その利点の裏返しとして“傷つける言葉も平気で言ってしまう”ということも考えられます。

表情が見えにくい分相手に真剣な思いがいまいち伝わらないというのもデメリットとしてあるでしょう。

電話で話し合いをするのであればそういった点を気にしながら行うと良いかと思います。

まとめ

場所やタイミングといったコツを抑えておくと話合いがスムーズに、双方が満足のいく結果となりやすいかと思います。

話しにくい事も事前にシミュレーションしておくことも大事ですね。

冷静に、感情的にならない事を心掛けることも大人として大事な事として話し合いの場を持ってくださいね。

 

彼氏との付き合いで悩んだ時の記事まとめに戻る

 

おすすめの記事