一回目の告白が失敗したからといって深刻に落ち込むことはありません。

まだまだあきらめるには早いのです。

なぜか二回目に告白をしたらO.Kをもらえたという事もあるのです。そんな馬鹿なと思うかもしれません。

今回はどうしたら二回目の告白が上手くいくのかを考えていきたいと思います。

一回目の告白で失敗した原因を考えてみよう

失敗した告白なんか考えたくもないと思うかもしれませんが少し考え方を変えてみましょう。

告白を振り返ることで、もしかすると再度告白をしたときにうまく行くチャンスとなるかもしれません。

そう考えると振り返る気にもなりませんか?

振り返ることは"なぜ失敗したか?"の原因についてです。

  • 告白はうまく気持ちを伝えられましたか?

    彼に初めての告白で緊張をしてしどろもどろとなっていたかもしれませんね。

    言いたい事の半分も言えなかったとしたら心残りですよね。

    再度告白し直さなきゃならない気持ちがでてきませんでしたか?

  • 彼はあなたの事をよく知ってしましたか?

    自分の事をまだよく知ってもらえていなかったという事はなかったですか?

    まずはあなたの事を"女性"として知ってもらわなければいけませんよね。

  • 彼のリサーチは十分でしたか?

    リサーチ不足で彼の好みのタイプとはかけ離れていた可能性はありませんでしたか?

    まだまだ彼好みの女性に近づくまであきらめるには早そうですよね。

このように告白をしたときの自分を振り返ることで改善点が見つかってくるのではないでしょうか?

改善点があるのであれば、二回目の告白に向けてやる気が出てきませんでしたか?

修正すればするほど次の告白が成功する確率は上がりそうです。

どうして二回目の告白でも成功する人がいるの?

一度お断りをしたのに二回目なんかあるわけではないと思うでしょうが、そんなことはないのです。

それにはきちんと理由があるのですから説明をしたいと思います。

  • 相手があなたを女性として意識し始めるきっかけとなったから

    もしかすると一回目の告白まではあなたを"恋愛対象としてみていない""あまりよく知らなかった"としたら告白をきっかけにあなたへの見方が変わるからです。

    意識をし始めるというと分かりやすいですよね。

    意識をし始めるとついつい目で姿を追ってしまったり、なんだか自分も好きなような気がしてくる…という事はよくあることです。

    ここで大切なのはちょっと"距離を置くこと"です。

    あなたの姿が見えないことやよそよそしい態度を取ることで"避けられている?"と思わせる事がより効果的になることもあります。

  • 真剣さがより伝わるから

    一度フラれてもあきらめきれず二回目もとなるとどれだけ好きなのか、真剣であるのかが伝わりますよね。

    "こんなにも好きでいてくれる""本気なのだな"と一途さを感じ、受け入れて上げたくなるのです。

    女性も男性も"浮気性"より"一途"を選ぶのは当然ですよね。

このように二回目ならではの理由があるからです。

再度アタックしてみる時に言うと効果的な言葉

二回目の告白をするときに相手の心にズキュンと響くこのような言葉を付け加えてみてはどうでしょうか?

  • 「やっぱりあきらめきれない」

    一回目からの告白から時間を空け、どうしてもあきらめきれなかったという強い思いが伝わるひと言です。

    こんなに自分の事を想ってくれているということを思わせる言葉ですよね。

  • 「もうこれで最後の告白だからよく考えて…」

    この告白を最後にもう二度と告白はしない事を潔く伝えます。

    潔く言う事で相手の"引き留めたくなる"心理をくすぐりましょう。

    逃げるものは追いたくなるものですよね。

この、再度の告白の勝負は二回目、もしくは三回目くらいまで頑張ってみましょう。

それ以上になると、まったく脈ありでない事とともに"しつこい""うざいやつ""嫌いになりそう"と思われることが考えられるからです。

まとめ

以上が二回目以降の告白の成功率をあげる秘策でしたがいかがでしたか?

なにも一回失敗したからといってあきらめる必要はまだないという事を知っていただけたかと思います。

勇気をもって再チャレンジしてみましょう。ネバーギブアップの心を持ってアタックです。

おすすめの記事