いつかは結婚したい、大好きな彼氏と一生を共にしたい、などと結婚することは考えているけれどもそれが今すぐにとなるといまいち覚悟ができていないという女性も多いのではないでしょうか。

それは不安や迷いといった様々な感情が影響しているように思えます。

今回はそんな結婚への覚悟が決まらない女性の心理について考えていきましょう。

結婚の覚悟ができない心理はどんなもの?

おそらく覚悟ができない、つまり躊躇しているのには今の現状に大変満足をしているのではないでしょうか。

結婚への覚悟ができない原因として大きく3つ紹介しましょう。

人生を大きく左右するものだから

  • 遠方の地、見知らぬ地に住むことになるかもしれない
  • 子供を産み、育てること、親としての責任が持てるのだろうか
  • 一つの家庭として金銭的にやっていけるのだろうか

 

このように結婚をする事、つまり家庭を持つという事は"0"からスタートすると同時に社会的な責任も非常に大きくなるという事。

このあたりになかなか自信が持てない心理があるのではないでしょうか。

そしてもう二つは、

今まで積み上げてきたキャリアがなくなるのではないか

女性ならではの悩みではないでしょうか。

憧れであった職業に就いていたり、仕事内容がとても充実して好きであった場合、結婚、妊娠、子育てによってすべてがなくなってしまうおそれもあるからです。

女性の社会進出のサポートは充実してきましたが、独身時代と同じように…というにはまだまだ難しい場面も見られます。

夫となる人、会社に理解があるのであれば多少クリアできる問題ではありますが果たしてうまくいくかどうかは未知なものであるのです。

今の彼氏と一生を添い遂げられるか

彼氏である今はとても大好きで満足をしているけれども、果たして何年も何十年も愛し続けることが出来るかどうかを考えてしまいます。

もしかするとこれから他に好きな人ができるかもしれない、運命の人は他にいるかもしれない、一緒に生活を共にすると嫌いな部分が見えてくるかもしれない。

この彼氏でいいのかな?」と彼氏には到底言えることではないですがチラリと胸をかすめてしまう思いがあるのではないでしょうか。

結婚することへの覚悟ができないのはおかしな事?

いいえ、ちっともおかしなことではありません。

長い人生の中での転換期はいくつかありますが、結婚はその中でも最大の出来事ですから覚悟に躊躇する、悩むことは当然なのです。

これからずっと同じ人と生活を共にすることになるのですから覚悟が決まらないのも当然です

結婚してから後悔しては遅いですよね。

特に女性は「結婚=女性の幸せ」と周囲から思われるふしがあるように思えます。

そのような中で自分に覚悟ができない事はなんだか変な事、おかしなことではないかとおもってしまうのかもしれませんが、自分の覚悟が決まるまで焦らずじっくりと考えていって欲しいと思います。

覚悟を決めるためにはどのような事をしたらいいの?

結婚についての覚悟がなかなか決まらない時、自分自身で考えを導くことには限界がきてしまうかもしれませんね。

悩みすぎて答えが見つからないということもあります。

そんな時は、人生の先輩の意見を聞いてみましょう。

 

  • 独身
  • 既婚者

 

双方の意見を伺ってみる事は大変参考になりますよ。

独身者であれば、ライフスタイルやこれからの人生について等。

既婚者であれば結婚によって得たもの、失った物等。それぞれ聞いてみる価値は十分にありますよね。

特に自分の事を大切に想ってくれている両親であればあなたの事を想っていろいろなアドバイスをしてくれるでしょう。

こういった先輩自身の経験、意見を自分の中で吸収することは結婚への価値観が変わるかもしれませんし、覚悟を決める後押しになるかもしれませんよ。

まとめ

悩みすぎると、憧れの結婚にこんなに覚悟がいるものなんてと思うかもしれませんね。

きっとあなたの人生の中で結婚がより現実的になってきたのかもしれません。

そんな時は思い切り自分にとって何が一番大切なのか、を考えてみてくださいね。時間がかかっても大丈夫です自分が納得いくまで考えましょう。

それが分かった時に覚悟が決まるものなのかもしれませんね。

おすすめの記事