婚活・・最近よく耳にするようになった言葉ですよね、結婚をする為に活動をすることです。

そんな婚活が流行っている一方で、生涯結婚をせずに独身を貫く人も、年々増えているそうです。

「もう、結婚はいいや」そう、考える男性が、増えているそう。

あなたも、そうなりそうですか?

なぜ、そのような気持ちになってしまうのでしょうか。

今回はそんな、男性が結婚を諦める理由について、考えてみたいと思います。

あなたにもあてはまることは、あるでしょうか。

結婚を諦める年齢は?

女性の場合、35歳位から結婚に対して「諦め」を感じはじめ、40歳前後で「諦めた!」となることが多いそうですが、男性の場合はどうなのでしょうか。

一般的に男性は、40歳前後で「もう、そろそろ・・」などと思い始めることが多いようで、その後迷いながらも婚活を続けることもあるようですが、多くの場合、45歳前後になると「諦めよう」と考えることが多いそうです。

経済的な問題

ここからは、男性が結婚を諦めた理由について、ひとつずつ見ていきたいと思います。

まずは「経済的な問題や不安」によるもので、大きくわけて2つのタイプがあるようです。

  • 家族を養っていけるか不安
  • 自由に使える分が減ってしまうことへの不安

詳しく説明すると

家族を養っていけるか不安

女性の社会進出が増えているとはいえ、やはりまだ「一家の大黒柱は男性」というイメージは強くありますよね。

また、女性が妊娠・出産となった場合には、その間は男性の稼ぎが頼りになります。

よほどの高収入ではない限り、「自分の収入で家族を養っていけるのか」と、不安になってしまうことが多いそうです。

自由に使える分が減ってしまうことへの不安

独身であれば、自分の収入は全て自分の好きなように使えていましたが、結婚するとなると、当然その金額は減りますよね?

そのことが不満だったり、不安だったりするそうです。

結婚することで、自分の金銭的な余裕がなくなることを危惧しているようです。

とにかく仕事が忙しい

「ブラック企業」などの言葉も飛び交う昨今、そこまでではなくても、多くの人が朝から晩まで、仕事に時間を費やしているのが現状のようです。

平日は会社への往復、休日は疲れて1日寝ているような生活で、結婚や恋愛を考える余裕がない男性も、多いそうです。

また、女性の場合は仕事も恋愛も同時進行でこなせますが、男性は脳の仕組み上、ひとつのことしか出来ないことが多いそうで、その結果「仕事オンリー」で、結婚や恋愛がどんどん遠のいてしまうようです。

自分のペースを崩したくない

趣味もあって、家のこともソコソコこなせる・・自分ひとりでのペースが出来上がってしまっている男性の場合、そのペースを崩されることや、自分の時間が無くなることを危惧していることが多いそうです。

独身であれば、趣味や買い物、旅行だって自分のペースで進めることができますよね?

ところが、結婚をすると

  • 家事や子育てを手伝わなくてはいけない
  • 休日は家族サービスをしなくてはいけない
  • 起床や就寝時間も家族のペースに合わせなくてはいけない

など、自分のペースはもちろん、自分の時間は間違いなく減っていきます。

ゴロゴロしていると、奥さんに怒られたり・・。

特に一人暮らしが長くて、家事も自分でそれなりに出来る男性は、現状に満足していることが多いそうで、結婚することでこのペースが崩れてしまうことに不安を抱いているようです。

長く独身生活をしていることで、その楽しさや家の中での自分流のやり方が、確立されてしまったのかもしれませんね。

婚活に疲れてしまった

合コンに始まって、紹介や街コン、結婚相談所や婚活サイトなど、様々なかたちで「婚活」に励んでいたものの、運命の相手になかなか出会えずに、疲れてしまうことも多いそうです。

婚活に励んだからと、すぐに結婚が出来るかと言えば、そうでなはく、

  • 出会いの場に行く
  • 様々な人と接する
  • 気を遣いながら、相手とやりとりをする
  • デートまでこぎつけたのに、フラれる

などを、何年、もしくは、何度も繰り返すうちに「疲れた・・もう、結婚はいいかな」と、なってしまうようです。

婚活とは、多くのエネルギーが必要になる上に、なかなかゴールが見えず焦りや不安が募ってしまうことで、疲れきってしまうようです。

恋愛や結婚がわからない

草食男子という言葉を、ご存知ですか?恋愛に興味がなかったり、自分からアプローチが出来なかったりする男性が、増えているそうです。

今や、草食男子を超えて「絶食男子」などと呼ばれる男性もいて、周囲の目や、1人で生きていくことへの寂しさは感じているものの、異性との関わり方がわからない男性が増えているそうです。

過去にひどいフラれ方をしたなどの、過去のトラウマから恋愛に臆病になってしまうことも多いようです。

また、

  • 他人と暮らすことが想像できない
  • 自分の両親の結婚生活に幻滅している
  • 周りに幸せそうな既婚者がいない
  • メディアなどの情報

などから、結婚に対してのメリットを見つけられず「結婚する意味がわからない」と、感じている場合もあるようです。

まとめ

いかがでしたか?あなたが共感できる理由はありましたか?

様々な生き方がアリとされていて、そのライフスタイルも多様化している昨今なので、ひと昔前に比べると「結婚=しなくてはいけないもの」などの風潮は、少なくなってきましたよね。

それに、結婚生活についても様々で「これが結婚生活の王道」といったスタイルは、かなり薄れてきました。

だから、お金が心配なら2人で話し合って働けばいい、仕事が忙しくてもそこを理解してくれる人がいるかもしれない、自分のペースを崩したくないなら、同じような考えを持つ自立したタイプの女性がいるかもしれない・・などと「結婚生活とはこうあるべき」というあなた自身の思い込みを、少しゆるめてみるのもいいのかもしれません。

婚活や恋愛、結婚に臆病になっているのなら、少しお休みすればいい。

「結婚は諦めた!」などと決めずに、少し肩の力を抜いてみることも、いいのかもしれません。

そんな風にゆるめることで、ふと、運命の女性に出会えることも、あるかもしれませんよ。

結婚することが、絶対の幸せではないとは思いますが、諦めたと、決めてしまうのは少しもったいない気もします。

あなたが、心から納得のいく、ハッピーな人生を送れますように。

おすすめの記事