小学校高学年から中学生になる10代前半ともなると初めて異性を好きになることを経験する人も多いのではないでしょうか?

片思いだからこそやってしまう行動や言動、思わず自分の事!?と共感せざるを得ない"片思いあるある"を男女別にまとめてみました。

今、片思い真最中の中学生から"こんなことあった、あった"と懐かしく思える大人まで必見です。

片思いあるある女子バージョン

一番夢見がちな10代女子の片思いあるあるはたくさん。あなたにはどれくらいあてはまるでしょうか?

  • まずはプロフィールをチェック

    誕生日や、血液型、星座といった事はしっかり頭にインプット

  • 女友達と情報共有

    仲良しグループ内では当然好きな人が出来たらみんなにお知らせ。好きな人と家が近くである子がいればなおさら幼いころからの情報をゲット

  • 共通点を探す

    生まれ月が同じだとか、血液型が同じだとか、ほんの些細なことでも自分と同じところがあるだけで運命をかんじてしまう

  • 毎日占いに一喜一憂

    早朝の情報番組での占いは毎日チェック!特に恋愛項目がハッピーであるだけで朝からちょっと期待してしまいがち

  • 文房具を同じにしてみる

    好きな人が使っているシャープペンやノートと同じなだけでなんだかうれしくなっちゃいます

  • 好きなアーティストは同じに

    好きな相手がはまっているアーティスト、音楽は自分も一緒にファンになる。

  • 前髪はいつもチェック!1mmのズレも許さない

    休み時間のたびにお手洗いの鏡でチェック!自分が一番かわいく見える髪型は常にキープです

  • 片思い相手のクラスに用もなく行く

    たとえ用事が無くても相手のクラスに行ってチラ見。一日一回でも姿が見られただけで寝るまで幸せに

  • SNSの投稿やタイムラインは時間単位でチェック

    更新がないか常にチェック。休日に出かけた投稿は"誰と行ったの!?"とちょっとブルーな妄想も

  • 妄想は続く、どこまでも

    10代男子も片思い中の女の子から見れば"白馬の王子さま"自分が危険な目に遭った時にさっそうと助けに来てくれたり…実はすごく好きだったと言われる告白シーンまで、妄想はどこまでも広がります

  • 記念写真は密かに購入

    修学旅行や体育祭、学校行事で撮られた記念写真はこっそり購入。生徒手帳に挟んでお守り代わりに

  • 恋のライバルは敵視

    いくら仲が良かったとしても好きな人が同じと分かれば仲良くできない事も。"ライバルだね、一緒に頑張ろう"はまずない。

さすが女子!と言われるような情報収集のまめさも浮かび上がってくる"片思いあるある"ではないでしょうか?

あなたはいくつ共感できましたか?

片思いあるある男子バージョン

この年代の男子は女子に比べるとまだまだ恋愛というものにピンとこず、疎いということもありますが非常に分かりやすい"あるある"なのです。

  • 好きな人は誰にも言わない

    女子は仲良しの子には好きな人を教えたくなるものですが、男子の場合は一人心に秘めている場合が多いようです

  • 男同士ちょっかいをかける

    なぜか好きな子が友達にばれてしまった時は、友達から余計なちょっかいをかけられる

    「○○ちゃん、こいつが話あるってよ~」などおもしろがってしまう

  • 気になる子には無口でぶっきらぼうになってしまう

    なんとも思っていない子に対してはふざけたり、なんでもしゃべるのに好きな子にだけ無口になったりぶっきらぼうになってしまったり。それにより"冷たい人"と思われてしまう逆効果になることもあるあるです

  • 男同士で探り合い

    仲良しの友達も実は自分と同じ人が好きなのではないかと、遠回しに探りを入れつつも友情は壊さない。

    俺もお前も一緒に頑張ろう!と妙な連帯感が生まれることも

  • ふざけ合っている途中で急にまじめになる

    今まで男同士ふざけ合っていたにも関わらず、好きな子が通りかかった瞬間、急に"まじめキャラ"に。もしくは"標準語"になってしまうということも

男子のあるあるはちょっと微笑ましい感じがしますよね。好きだけれどもうまく表現できないというところがなんともじれったく感じるものでもありますよね。

ちょっとまって!やめておいた方が良い片思いアピールあるある

片思いをなんとか伝えたくてアピールしてしまうものですが、中には気持ちはわかるのだけれどもやめておいたほうがいいのでは?というものもありますので気を付けておきましょう。

  • 手作りのプレゼント

    バレンタインデーなどに手作りチョコをプレゼントというのであればとても真剣さも伝わる良いツールではあるのですが、なんでもない時に手作りクッキーや手作り雑貨などを頻繁にプレゼントされるとちょっと相手は引いてしまいそうです。

    気持ちを伝えるというよりも押し付けるということにもなりかねません。

    手作りをプレゼントするなら、両想いになってからがおすすめです。

  • 相手を嫉妬させる作戦

    わざとなんでも思っていない異性と仲良くすることで、好きな相手に嫉妬してもらおうという手段は10代向きではありませんね。

    純粋で素直な年代だからこそまわりくどいやり方は本当に"誤解"を招いてしまうもの。

    ストレートに勝負してみましょう。

  • 自宅で待ち伏せ

    いくら好きな人を見たいからと頻繁に自宅で待ち伏せするのはN.Gです。犯罪にもなりかねません。

まとめ

片思いあるあるを男女別に紹介しましたがどうでしたか?共感できる項目がたくさんあったのではないでしょうか?男女でこんなにも違うものなのですね。

片思いは楽しい、でも苦しい、時にキュンとなる。毎日の気分がこんなにも人一人に影響されるのは10代だからこそともいえることなのです。

精いっぱいこの片思いが成就するよう頑張ってくださいね。

おすすめの記事