恋愛がうまくいかないとき、不安ですよね。

不安なあまり相手にきつくあたってしまったり、自己嫌悪におちいってしまっては、恋愛はますますうまくいかなくなります。

そんな負のスパイラルに陥らないために大切なことをまとめました。

是非、あなたの恋愛に役立ててくださいね。

うまくいかない原因を知ろう

恋愛がうまくいかないとき、その原因はどこにあるのでしょうか?

以下の2つに分けて考えていきます。

  • 原因が自分にあるとき
  • 原因が相手にあるとき

それぞれについて、あなたの状況にあてはめてみてくださいね。

原因が自分にあるとき

束縛のしすぎや自分の浮気などは、あなた自身に原因があるといえます。

相手に非が無いのに恋愛がうまくいかないと感じるときは、一度、自分の癖や行動に問題がないか考えてみましょう。

自分に原因があるとき、それを認めることは簡単なことではありません。

しかし、自分を変えることができるのは自分だけ。

自分が変われば、きっと素敵な恋愛が訪れます。

頑張って!

原因が相手にあるとき

相手がお金にルーズだったり、浮気癖のある人の場合、恋愛がうまくいかないこともしばしばですよね。

そのような場合、あなたが誠心誠意相手に尽くしても、何かにつけてトラブルになるのは避けられません。

好きな相手だとおかしな部分も見えづらくなりがちです。

相手に原因があるのではと思ったら、まずは信頼できる身近な人に相談して客観的な意見をもらいましょう。

他人の癖や性格は変えることが難しいもの。

相手に直す気がない場合、次の恋愛を探すのも賢明です。

恋愛がうまくいかないのは思い込みが原因?

自分にも相手にも、決定的な問題はないけれど、どうしてもうまくいかない。

そんなときは、次の「思い込み」が二人のジャマをしているのかもしれません。

「ラインやメールをしても、連絡が返ってこない!」「終電で帰ると言っていたのに連絡もなく朝帰りしてきた!」

こんなことがあると相手に対してイライラしてしまいますよね。

そんなときは次の「思い込み」をしていないか、チェックしてみましょう。

  • 相手にされて嫌だったことについて、わざとしているのではと思い込んでいないか?
  • 自分の常識を、思い込みで相手に押しつけていないか?

自分の思い込みに気づくことで、相手とのコミュニケーションがもっとうまくいくかもしれませんよ。

わざとしているのではと思い込んでいないか?

例えば、相手がなかなか連絡をくれないときこんなことを思ったとします。

「私が連絡してほしいのを知っているはずなのに、彼が連絡してこないのは、私と距離を置きたいから?」

「(ラインで)既読がついているのに返信がない。私が言ったことがまずかったから、返信してくれないのかな?」

このようについつい相手の行動を深読みしてしまいますが、本当にそうなのでしょうか?

忙しかったり、他のことに夢中になっているとき、彼女への連絡がおろそかになってしまう男性は多いもの。

連絡が来ないときに限らず、自分の思い込みで状況をこじらせてしまってはうまくいくものもうまくいきません。

自分の常識を相手に押しつけていないか?

例えば、付き合って半年の記念日にデートをすると思ったのに、彼から連絡がなかったら、落ち込んでしまうかもしれません。

しかし、これは「付き合って半年の日は記念日!」というあなたの常識にもとづいた考えです。

彼は、「記念日は1年ごとに祝うもの」と思っていただけかもしれません。

恋人同士とはいえ生い立ちはそれぞれ全くことなりますから、あなたの常識にそぐわないことがあってあたりまえなのです。

相手が自分とは異なった常識を持っていると心得て、気になる点はやんわり伝えてみましょう。

案外、理解してくれることも多いものです。

相手に合わせすぎず、自分らしさを大切に

最後に、意外と大切なのが、「相手の前で自分らしくいられているか?」ということです。

恋愛で悩んでいると、どうしても相手に合わせようとしてストレスが溜まったり、相手に対して必要以上に期待してしまいがちです。

でも、それではあなたの女性としての魅力も下がってしまいます。

仕事や趣味に打ち込んではつらつとしている女性は素敵に見えるもの。

自分らしくいることで、ありままのあなたを好きになってくれる素敵なパートナーに巡り合う近道になります。

また、相手らしさも尊重するようになるので、束縛しすぎてしまうという人には特に意識してほしい点です。

良い恋愛が舞い込んでくるよう、自分らしくいることも心がけましょう。

まとめ

恋愛がうまくいかないとき、必要以上に相手や自分を責めないためには、まずは原因を考えることが大切です。

原因が整理できれば、うまくいく糸口が見つかるかもしれません、

また、恋人同士であっても他人であることに変わりありません。

相手は自分とは違うということを意識するだけで、不満の伝え方も変わりますよね。

そして、意外に大切なのは、恋愛で自分らしくいることです。

自分らしくいることで相手らしさも尊重することができ、お互いに依存することなく良い関係を保つことができますよ。

おすすめの記事