好きな人ができたら、告白してお付き合いできればいいなと思いますが、告白するということはやはり勇気がいることです。

いざ彼女を前にすると緊張してうまくじゃべれなかったり、なかなか二人きりになるタイミングがないという場合もあります。

メールやLINEという方法もありますが、やっぱり自分の言葉で好きという気持ちを伝えたい。

それなら電話で告白してみようか・・・でも、電話で告白ってどうしたらいいんだろう?と思っている方は、ぜひ読んで参考にしてみてください。

電話で告白するのってあり?

一昔前までは電話と言っても固定電話しかなく、家族がいるとなかなか電話で告白するのは難しいものでした。

携帯電話が普及して気軽に電話を使えるようになった現在は、電話だけでなくメールやLINEで告白するのも珍しくなくなっています。

「告白してくれるならどんな方法でも嬉しい」という人もいますが、実際には「直接会って告白してほしい」と思っている人が男女とも大多数です。

告白の確率を上げるにはやはり直接会って告白したほうが良いようですが、何らかの理由がある場合やメリットを考えて、電話で告白するというパターンもありえます。

また、「メールやLINEよりは電話の方がマシ」という意見もあります。

できれば直接会って告白することをすすめますが、電話で告白せざるをえないのならば、どのような方法が告白の成功率を上げるのかを考えていきましょう。

電話で告白するときのメリットとデメリットは?

それでは、電話で告白する場合のメリットとデメリットはそれぞれどんなことが考えられるでしょうか。

メリット

  • 顔を合わせて告白する勇気がない場合でも落ち着いて告白できる
  • 彼女がとても恥ずかしがり屋で二人で会うことができない
  • 相手が遠方にいて会うことができないから

告白を決心していざ彼女を呼び出したしても、緊張して思ったことを伝えられる自信がないとか、そもそも彼女を誘うのにも緊張してしまうという人は、電話のほうが落ち着いて気持ちを伝えられるかもしれません。

事前に伝える内容をメモしておいたり、自分のペースで心の準備をすることもできます。

または彼女が恥ずかしがり屋の場合、そもそも呼び出しても来てくれるかわからないし、二人の時間を作ってもらえるかもわかりません。

また、彼女が遠方にいて直接会うことができない場合は、電話をするしかありません。

デメリット

  • 真剣な気持ちが伝わりにくい
  • 顔が見えないので相手のリアクションや感情がわかりづらい
  • 電話で無言になったら辛い
  • 断られやすい

直接会えば相手のリアクションや表情で感情が解りますし、ちゃんと彼女を見て告白した方が自分の気持ちもより伝わりやすいのですが、電話だと声だけなのでなかなか感情を伝える・読み取るのは難しくなります。

電話がつながっている最中に言葉につまってしまったり会話がなくなると、お互いが無言の時間というのは辛いものがあります。

また、電話だと相手が見えないので言いづらいことも言いやすくなってしまうので、せっかく告白をしたのに断られてしまいやすいとも言えます。

電話で告白するときの具体的な方法

電話で告白する場合は相手の電話番号、連絡先を知っているということが大前提です。

ほとんど知らなかったり話したこともない人からいきなり電話で告白されたら、ほぼ確実に振られてしまうでしょう。

電話で告白することを選ぶなら、ある程度二人の関係が構築された状態でないと成功は望めません

その上で、さきほど述べたメリット・デメリットを考えた上で電話での告白を決めたのならば、次は告白を成功させるにはどのような方法があるか、具体的に考えていきましょう。

二人で会ってから電話することを予告しておく

二人で食事に行ったり、遊びに行ったりできるならば、まずはデートをしましょう。

そして楽しい時間を過ごした別れ際に、「このあと電話するね」「今夜電話してもいい?」と、事前に電話することを予告しておきます

そうすることで、彼女が忙しい時間に電話をしてしまったり、彼女が電話に出られないということがなくなります。

電話をする決心もつきますし、言う内容もまとめておくことができます。

ある程度あなたの気持ちを彼女が察しているならば、彼女もある心の準備ができている状態で告白をすることができるので、彼女が「突然告白されて困ってしまう」という状態になることを避けることもできます。

電話をしたら「話したいことがある」と最初に伝える

電話だと、長々と話してしまうと決心が鈍ってしまったり、真面目な話にできないかもしれません。

そうならないためには、電話がつながったらすぐに告白する方法がいいでしょう。

心の準備ができたら、彼女に電話をかけます。

電話がつながったらまず「話したいことがあるんだ」と伝えて、決心が鈍らないうちに告白します。

告白したらさっさと電話を切ってしまうと、彼女はどうしたらいいのかわかりません。

彼女の返事の仕方などで反応を見て、できれば次回会う約束などができるといいでしょう。

ふだんの話をする流れで自然と告白する

改まって告白するのが苦手だったり、友だちとしてよく電話をする関係ならオススメの方法です。

電話だと顔が見えない分、会話が途切れてしまうと気まずくなってしまうので、まずはお互いが楽しめる話題で話してみましょう

会話の間に、ちょっと話題が変わったり、少し会話が途切れた瞬間など、ふいに「今がチャンスかも?」と感じられるタイミングがあるはずです。

会話が盛り上がって楽しくなっているときの勢いを利用して、自分の気持ちを伝えます。

「実はさ、ずっと言いたかったことがあるんだ」と話を切り出して、あなたの気持ちを伝えましょう。

電話での告白を成功させる秘訣は?

最後に、電話での告白を成功させるためのポイントをいくつかご紹介したいと思います。

  • 電話をするタイミングが重要
  • 事前に「好きである」ことをにおわせておく
  • 電話告白の直前は二人で会ったりデートをしているとよい
  • 電話をするときは静かな場所で夜がオススメ
  • 告白したあとにすぐに電話を切らないようにする

電話をするときにまず気を付けたいのが電話をするタイミングです。

彼女が忙しいとき(仕事中、食事中、他の人と会っている時間など)に電話をしてしまうと、落ち着いて話せなかったり、「今忙しいから」と電話を切られてしまうかもしれません。

できれば、事前に彼女が電話に出られる時間をリサーチしておくといいでしょう。

その点でも、やはり夜がオススメの時間帯です。

周りも静かで、身の回りのことも一段落してくつろいでいる時ならば、彼女も落ち着いて話を聞いてくれる可能性が高い時間帯です。

二人で遊びに行ったり食事をしに行った日の夜なら、より告白が成功する確率も上がるでしょう。

まとめ

いかがでしたか。

電話は相手の表情がわからないので感情が読み取りづらく、話下手な人はうまく告白できるか自信がないかもしれません。

よく知らない間柄なのにいきなり電話をして告白しても相手は困ってしまうかもしれないので、事前の関係構築が大切です。

電話での告白は言葉と話し方ですべてを伝えなければなりません。

事前に言うことをまとめて、心の準備をすることができるのが電話告白での利点ですので、自分の気持ちをちゃんと言葉にして伝えて、後悔のないように告白できるといいですね。

おすすめの記事