意中の人に自分の想いを伝えたい。片思いは苦しくもあり楽しくもあるもので誰にでも経験のある事です。

そんな素敵な片思いですが一番は両想いになることですよね。

告白を悩んでいる時、素敵なあの人にどうやって思いを伝えようというような告白に悩んでいるあなたの背中を押す6つの事をまとめてみました。

片思いは告白しない方がいいって本当?

"片思いの告白"はとても勇気のいることですよね。

上手く行く場合もあれば、いかなかった場合を考えると告白しなかった方が良かったかも、となかなか踏み切れない部分もありますよね。

告白をした方がしない方が良いのか。どちらがいいのでしょう?

もし、これを読んでいるあなたがまだ10代、20代の学生さんであれば迷わず告白をした方が良いと思います。

これからたくさんの人生がまっています。

相手に気持ちを伝えないままでいるのは時間がもったいないです。

告白も青春時代の一つの経験としてした方が良いと思うのです。

もし失敗だったとしても、いつの日か思い返した時には懐かしく思える日がくるのですから。

思い出はいっぱいあった方が良いのです。

では、しない方がいいというのは相手が結婚している、彼女がいるといった場合、または単なる憧れである場合。

倫理に反することで自分が傷ついたり、憧れは告白したとたん一気に冷めてしまうという可能性があるからです。

きれいな思い出として取っておきたいのであれば"告白はしない""心に秘めておく"方が良いようです。

片思いの告白の方法は?

告白の方法はいろいろとありますがどれがおススメなのでしょう。

方法とそれぞれの利点について説明をしていきますね。

面と向かって

一番ストレートに気持ちを伝えることが出来る手段です。

緊張をしてしまいうまく伝えられないといった事が不利な事にはなりますが、うまくいった場合はこれ以上ないというほどの素敵なシチュエーションですよね。

メールや電話

相手の顔が見えないので緊張も少し和らぐ方法かと思います。

特にメールであれば前もって伝えたい事を十分考えたうえで送ることが出来ますから準備万端で告白ができるでしょう。

ただし人に寄っては機械的な文面では真剣や情熱に欠けるなぁと感じさせてしまうこともありそうです。

もしうまくいかない場合でも少し冷静に受け止められるツールとも言えますね。

手紙

古典的な方法ですが、手書きの文章は相手の心を惹きつけるには良い手段だと思います。

メールと同じように自分の気持ちを十分にしたためることが出来ますね。

特に相手と面識が少ない、呼び出すことが不可能という時にはこの手紙での告白が一番になるのではないでしょうか。

友達を介して

共通の友達やおせっかいが好きなお友達であれば好きだという事を相手に伝えてもらう事も出来ます。

自分ではなかなか恥ずかしくてできないといった場合に使えますね。

中学生や高校生など10代の方であればおなじみの方法なのではないでしょうか。

このように自分の想いを伝える方法はいくつかあるので、自分の思いがよく伝わりそうだと感じるものを選んでみるといいでしょう。

片思いの告白はどんなタイミグがいいの?

タイミング次第でうまくいったり、いかなかったりと運命を左右することも多々あります。

お勧めのタイミングは

イベント、行事の時

がベストです。

学生さんならば「体育祭」「文化祭」「スポーツ大会」「修学旅行」など気分も大盛り上がりな時期の前後に告白すると良いかもしれません。

学生さん以外であれば「バレンタイン」や「クリスマス」特に冬のイベントは人恋しくなる季節でもあるので良いタイミングなのではないでしょうか。

逆に、「テスト前」「受験前」「試合前」や大事な「取引前」や「就職活動中」といった人生を左右するような時期の前後はとてもナーバスな時期なので避けておいた方が無難かもしれませんね。

片思いで告白する時に使えるセリフは?

「ずっと好きでした。付き合ってください」

この一言が一番使えるセリフです。十分にこれだけで気持ちが伝わります。

気の利いた外国映画のセリフのような言葉で…と考える必要はないのです。

こういったセリフ調の場合、人によっては「クサすぎる…」と若干引いてしまう可能性もあるからです。

「好き」という気持ちを伝えるだけでは伝えただけでおしまいになってしまいます。気持ちを伝えただけなのか、お付き合いをしたいのか、そこまで伝える必要があります!

忘れないようにしましょうね。

片思いの相手に告白させるには?

出来れば自分からではなく好きな相手が先に告白をしてもらいたいと思うものですが、なかなか難しいものですよね。

相思相愛であることが前提となってきますので、まずは相手に自分に対して好感を持ってもらわなければなりませんね。

  • 軽いボディタッチ
  • とにかく親身に優しくする
  • 恋人同士が行きそうなところに誘う(お祭りや夜景のキレイなスポット)

といった事で、自分が相手に好意を抱いているそぶりを見せることから始めてはどうでしょうか?

難しく考えず、初めは同性の友達と同じような感じで気軽に誘ってみてはどうでしょうか。

自分に好意を抱いているのかなと感じてくると今まで何とも思っていなかった相手でも気になり目が離せなくなってしまうという事はよくあることです。

"好きだけど言い出せない…"という事を相手に匂わすと相手はじれったく"よし、自分から!"と告白をしてくれるかもしれませんよ。

片思いで振られた後にもチャンスは有る?

好きな相手に振られたら、ほとんどの人は悲しい思いを引きずることでしょう。

それはしょうがない事です。気持ちは急に切り替えできないものです。

新しく別の人を好きになるまでは引きずって、でもそのほかの生活はいつも通り大切に過ごしていけばいいのです。

最初にも言いましたが、これから人生はまだまだ長いのです。

今は振られたとしても数年後にその相手と再会するかもしれません。

もしかすると20年後にばったり再開ということもあるのです。

実際、学生のころに告白をしてうまくいかなかったけれども同窓会で再開をして交際を始め、結婚までという人もいっぱいいます。

その人を自分が忘れない限り、いつかチャンスはあるものだと信じておいていいのかもしれません。

まとめ

告白はとても勇気のいるものですが"しない"より"する"方が後悔の少ないものではないでしょうか。

きっと告白をしたらスッキリと自分が生まれ変わったように感じるのではないでしょうか。

自分の想いを相手に伝えることは簡単でいて難しい。だからこそ一生懸命になれるものだと思います。

思い切ってした告白であなたの恋が上手くいきますように。

おすすめの記事