かわいい彼女に上手に甘えられたらうれしくない男性はいないと思いますが、適度に甘えてくれるさじ加減がわかる彼女というのは珍しいかもしれません。

お互いの考え方や態度の表し方に温度差があると、気持ちがすれ違ってしまう心配もあります。

それに、かわいいとうざいの差は人によって異なり、紙一重とも言えます。

彼女が甘えてくるときにどんな態度をとったらいいのか、彼女が甘えてくるのはいったいどんな心理のときなのかをご紹介していきたいと思います。

彼女が彼氏に甘えたくなるのはどんな時?

久しぶりに会った時

会えなかった時間が長いほど、彼氏への想いが強くなっていき、会った時にはつい甘えたくなってしまいます。

特に遠距離で会う回数が少ないと、余計にそう思うかもしれません。

落ち込んだり疲れている時

気持ちが落ち込んでいる時こそ、誰かに頼りたい、励ましてもらいたいという気持ちになります。

彼氏であれば、落ち込んでることも伝えやすいし、疲れていても無理して元気にふるまわなくてもいいという安心感があるでしょう。

その気持ちが甘えるという行動になるのです。

仕事や勉強に追われている時

仕事が忙しかったり、勉強に追われていてなかなか息をつく場所や時間がないことが続いていると、ホッっとできる時間に彼氏が一緒にいるならば、疲れた自分を癒してもらうために甘えてくるのでしょう。

彼氏になら仕事の不満や愚痴を言えるというわけです。

彼氏をかっこいいと思った時

彼氏の頼もしい姿を見た時や、男性らしいところを感じた時、「頼もしい」と感じて甘えてくることがあります。

スポーツで活躍したり、何かに真剣に取り組んでいる姿を見たり、力仕事や女子には難しい作業をしてくれた時などです。

他のラブラブなカップルを見た時

他のカップルがイチャイチャしているのを見た時に、自分もああなりたいと思ったり、うらやましいと思って甘えてくることがあります。

 

物事の優先順位は、男性は「仕事・友達・彼女」の順であるのに対して、女性は「彼氏・友達・仕事」の順である傾向があります。

女性にとって彼氏は一番の存在で、家族や友達よりも「自分の弱みを見せてもいい相手=甘えやすい存在」なのかもしれません。

彼女が甘えたくなる心理とは?

たとえ付き合っている相手にも、自分の弱いところは見せたくない人や、なんとなく気を使ってしまって甘えられないという人はいるものです。

それでも彼女があなたに甘えてくるというのは、あなたのことを一番気の許せる人だと思っているということです。

自分のすべてを見せることができる、甘えて弱いところを見せても大丈夫と信頼している証なのです。

また、普段はクールなのに二人でいる時だけ甘えてくる女性もいます。

普段クールな人がそういうことをするなら、それは彼女があなたに好かれたい、気を使ってもらいたい、信頼しているということなので、一途な女性と言えるでしょう。

そういった点では、彼女が自分を頼りにしているのですから、自信を持っていいと思います。

あなたが彼女より年上だったり、社会的地位や金銭的地位が高かったり、あなたの性格が寛容で頼りがいのある人だと、甘えられやすい傾向にあると言えます。

 

一方で、こんな女性には要注意です。

男性は女の人に上手に甘えられたり頼られたりすると、悪い気はしないのではないでしょうか。

「こうすればモテる」というのが分かっているから、計算の上で甘えてくる女性がいるのも事実です。

あなただけでなく、いろいろな男性にも甘えるような行動をしているような女性には気を付けましょう。

彼女が甘えてくるときの行動は?

解りやすいものや、かわいく思えるもの、もしくはちょっとめんどくさいな・・・と思うものまで、彼女はいろいろな手段で甘えてくることがあるでしょう。

彼女がこんなことをしてきたら「甘えている」と思っていいのかもしれません。

  • 服の袖を引っ張る
  • 上目使いで「ねえねえ」と話しかけられる
  • すぐに「会いたい」と言われる
  • ちょっとしたスキンシップが多くなる(触る必用がないのに触ってくる)
  • ふだんあまりお酒を飲まないのに「飲みすぎちゃた」と言って酔っ払う
  • 頻繁にLINEや電話などの連絡が来る
  • 友達と遊ぶのについてくると言う
  • 「私のこと、好き?」と聞く

いくつかあてはまるものはありましたか?

少しならかわいいものですが、「あるある!」という項目が多いほど、その彼女は甘え上手もしくはかまってちゃんだと言えるでしょう。

彼女が甘えてきた時の対処法は?

人前にいるときなど、「今は甘えてほしくない」という状況があるかもしれませんが、そんなときはどう対処したらいいのでしょうか。

甘えたがる彼女の場合、嫌がるような素振りを見せたり、はっきり言ってしまうと、簡単に傷ついてしまったり怒ったりするかもしれません。

それに、邪険にあしらってしまった結果、その後彼女から甘えてくれなくなってしまうのもさみしいものです。

そんなときは、「あとで二人きりになったらね」と耳元でこっそり言ってあげましょう。

もし自分が集中したいことがあるときなどは、「今は無理」だということを彼女に「やんわりと」伝えるのが一番です。

決して甘えられるのが嫌だというわけではなく、今は都合が悪いということをアピールするのです。

彼女も子どもではないのですから、このような言い方をすればわかってくれるはずです。

彼女が甘えるのがうざい時の対処法は?

たまに甘えてくるようならかわいいし、まったく甘えてくれないのもさみしいですが、あまりにも頻繁に甘えてくるようだと、ウザイと思ってしまうこともありますよね。

そんなかまってちゃん彼女は、上手にコントロールしましょう。

  • ちょっとだけかまってあげる(多少雑でもいいので、いつでも気にかけてくれると思わせることが肝心)
  • ヤキモチをやかせない(ウザイと思うくらいの甘え方をする彼女には、疑われるような行動はできるだけやめたほうがトラブルになりにくい)
  • 適度に心配してあげる(自分は大事だと思われていると実感させる)
  • どうしてもやめてほしい状況(人がいるときなど)があることを説明しておく

マンネリ化や、長く付き合ったカップルが別れる原因として、愛情表現がなくなったという理由があげられることがあります。

長く付き合っていくには、適度な愛情表現も必要なことだということも理解しておいてください。

まとめ

甘えるということは恋愛関係があるからこそ気兼ねなくできるもので、大事な愛情表現のひとつであるといっても過言ではありません。

程度の差こそあれ、頑張った時や落ち込んでいる時など、無性に誰かに甘えたくなることは人間ならあって当然のことです。

そんなときに一番身近にいる存在が彼氏なのですから、甘えたがりの彼女なら上手に甘えさせて、愛を育んでいってください。

 

彼女の悩み記事まとめに戻る

 

おすすめの記事