付き合っている彼氏を信用できないと感じたことはありますか?

好きだからこそ信じたいのに、最近いろいろあってどうしても彼氏を信用できない・・・。

嫌いになったわけではないのに、信用できないという理由で別れるのはどうなんだろう?と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

恋愛関係はお互いに信頼しあってこそ成り立つものです。

彼氏が信用できないと感じたらどうしたらいいか考えてみましょう。

お金の問題があったので信用できない

「お金を貸したのに返してくれない」など、お金に関することは恋人関係でなくてもトラブルになりやすく、それだけ信用問題に直結します。

「彼氏にお金を貸していて、返すと約束した日になんらかの理由をつけてドタキャンされた」という経験をした人もいます。

人間関係における最低限のマナーとして、借りたものは返すのが常識です。

また、借金をしていたり、浪費家だったり、全く貯金をする気がないなど、お金に関してルーズな人は、他の面でもルーズなところがあるかもしれません。

将来的に結婚などを考えるのであれば、自分の人生にも関わることです。

お金の問題は、彼氏に嫌われたくないからからと曖昧にしておくと後々自分の身にも降りかかってきますので、真剣に考えましょう。

浮気されたので信用できない

自分のことを好きだと言っていたのに、他の女性と浮気するということは、その時点で信用できないと思ってもおかしくありません。

浮気をしていたのに「していない」と言い続けていたにも関わらず、浮気がバレたあとに「もうしないから」と言われても信用できませんよね。

さらに「もう二度と浮気はしないと言ったのにまた浮気をしていた」となれば、これは致命的です。

一度で懲りない人は、その後も何度も浮気をする可能性は高いと言えます。

恋人関係において一気に信用が崩れてしまうのが「浮気」ではないでしょうか。

嘘をつかれたので信用できない

「嘘をついて元カノの連絡をとっていた」「仕事があるからと会えなかったのに実際は遊びに行っていた」など、嘘をつかれてばかりいると信用することができなくなるものです。

信じている存在なだけに、嘘をつかれたことがわかったらそのショックは大きいと思います。

もしかしたら彼女を不安にさせないためについた嘘かもしれませんし、しっかり話し合って納得できれば問題はありませんが、そうでなければ信用できなくなっても仕方ありません。

人を信じることは大切ですが、時には疑いを持って見てみることも必要かもしれません。

信用できない彼氏とは別れるべき?

ちゃんと話し合って解決できたり、その行動の彼氏の本意を聞くことができて自分が納得できるのであれば、付き合いを続けてもいいと思います。

でも、誠実さに欠ける男性は信用できませんし、自分の中で許せない点は妥協してはいけません。

妥協してそのまま付き合い続けていても、心のどこかに不信感があるとそれはずっと消えることはないので、それならば別れるべきです。

そして、彼が同じことを何度も繰り返すようなら、その場合も別れた方がいいでしょう。

一度ならまだしも、浮気や借金などを何度もする人は、許してしまうと結局また同じことをします。

信用できない彼氏と結婚するときに気を付ける事は?

結婚となると、夫となる人を信用できるかできないかは自分の人生に大きく関わってきます。

結婚をすれば簡単に別れることもできませんし、好きだからという理由だけで結婚して、浮気やお金の問題を見て見ぬふりをするのは危険です。

もし彼氏と結婚したいのであれば、恋人関係にあるうちに彼のことを信用できるようにしなければなりません

不信感ばかり抱いていても結婚に対してネガティブになってしまいますし、信頼関係は自分一人ではなく、彼氏と二人で築き上げていくものです。

お互いの気になるところをきちんと話し合いましょう。

それでも結婚相手に信用できないところがあるのならば、

  • 結婚前に事前に調べておく(秘密にしている借金がないかなど)
  • ルールをつくる(浮気をしたら別れる、お金の管理は自分がする、など)
  • 彼氏の言葉だけを信じない(彼氏の行動や言動を疑うことや、客観的に判断することで真実がわかることもある)
  • 味方を多くつくっておく(義家族や彼氏の友人など)

など、対処できる方法を考えておきましょう。

もう一度彼氏を信用するには?

好きであるからこそ、たとえ嘘をつかれても彼氏のことは信用したいと思うはずです。

もう一度彼氏のことを信用するためには、自分でも行動を起こしてみましょう

まずは彼氏に「あなたを信じる」と宣言し、その後の様子を見ます。

彼氏が信用を取り戻す努力をし、同じ過ちを繰り返さないのであれば、もう一度信用してもいいかもしれません。

もしかしたら自分にも原因がある場合もあります。

今一度自分の行動や言動を振り返り、必要であれば自分が変わることも努力してみましょう。

彼氏に見切りをつける為に必要な事

まずは自分の気持ちと向き合いましょう。

本当に好きなのか、どこまでなら許せるのか。

自分の中でちゃんと結論が出たら、はっきり見切りをつけて別れましょう

別れを切り出すときは、期待を持たせるような別れ方をしたり、曖昧な伝え方はしないようにしましょう。

「連絡はとらない」「もう会わない」など、彼との関係に白黒はっきりつけることが大切です。

そして、別れた後で「やっぱりあの彼氏がよかった・・・」と思わないためにも、「思い出は美化されるもの」とわかっておくことです。

信用できない彼氏に見切りをつけることは、失うものも大きいかもしれませんが、得るものも大きいのです。

まとめ

信用できないことがあっても、もう一度信じることができて、彼氏がその気持ちに応えてくれるなら、付き合い続けることでさらにお互いを信頼し合えるようになるかもしれません。

しかし、どんなに好きでも信用できないことが続くようであれば、その彼氏とは幸せな未来は築けないので、きっぱり別れることも考えた方がいいでしょう。

信用できるかできないかは複雑で難しい問題ですが、今だけでなく、将来的に自分が幸せになれるかどうかをよく考えてみてくださいね。

 

彼氏との付き合いで悩んだ時の記事まとめに戻る

 

おすすめの記事