いくら彼氏のことが好きでも、愛だけでは結婚生活は成り立ちません。

あなたの考え方や努力次第で、彼氏の年収が低くても結婚できるかどうかは変わります。

せっかく結婚したのにお金が原因で別れるなんていうことにならないように、結婚する前に確認しておかなければならないことがあります。

彼氏の年収が低くても結婚できる?

もちろん年収が低くても結婚はできます。

ただ、結婚後の生活や働き方など、覚悟しておかなければいけないことが出てくるでしょう。

共働きが大前提

彼氏の年収が低いのなら、当然あなたも働くことが大前提です。

結婚を機に、もしくは子どもが産まれたら仕事を辞めて専業主婦になるというのはおそらく難しいでしょうから、結婚後や出産後も働くことを覚悟しておかなければなりません。

金銭感覚やお金の使い方がおかしくないか

彼氏のお金の使い方は常識的な範囲内ですか?

もし趣味やギャンブルなどに多額のお金をつぎ込んでいるのであれば、結婚したからと言ってやめられるかはわかりません。

生活費まで使い込んだりしているようなら要注意です。

貯金はしているか

ちゃんと貯金をしているのであればお金に対して堅実的な考え方を持っていると言えます。

逆に少ない年収からきちんと貯金しているようなら、やりくり上手で結婚してからも心強いかもしれません。

収入アップの見込みはあるのか

今は若くて年収が低くても、年を追うごとに収入がアップする見込みがあるのなら、そこまで心配する必要はありません。

彼氏の会社の年代別や役職別の年収をチェックしてみてもいいかもしれません。

彼氏の年収の聞き方は?

いくら彼氏であっても、年収はなかなか聞きにくいものです。

彼氏の年収を知る方法の一例ですので参考にしてみてください。

自分の収入を言う

まずは自分の年収を言ってから、さりげなく「あなたはどのくらい?」と聞いてみましょう。

もし年収は聞きづらいのであれば、月々の給料とボーナスの額がわかればだいたいの年収も予測できます。

家賃を聞く

家賃は月収の手取りの3分の1くらいが相場と言われているので、住んでいる家の家賃がわかれば、だいたいの月収の予測がつきます。

結婚を意識しているようならはっきり聞くのもアリ

結婚を視野にいれているのならばお互いの収入を把握するのは当然のことです。

結婚の話がでてくるようなら、そのときに思い切って年収を聞くのもアリだと思います。

彼氏の貯蓄の上手な聞き方は?

直接ストレートに「貯金どれくらいあるの?」と聞くと、「お金目当てで付き合ってるのか!?」と思われてしまうリスクがあります。

できるだけ日常会話の中で自然に聞き出せるといいですよね。

例えば「今金欠でお金がないんだよねぇ」というような会話があったら、「えー、私もなかなかお金貯められなくてさぁ、貯金とかしてる?」とさりげなく聞いたり、「ちゃんと貯金をしたいと思ってるんだけど、どこに預けたらいいのかな?」と彼氏に相談して、さりげなくお金の話にしながら貯蓄を探ってみるのです。

さらに、もし結婚を意識しているなら、結婚のための資金を貯めるための目標額を決めれば、おのずとお互いの貯金の話になるので聞きやすいですね。

彼氏の年収が低い場合の対策は?

彼氏の将来の人生プランを聞いてみましょう。

結婚願望、子どもは欲しいのか、今の仕事のやりがいや昇進の可能性、キャリアアップのための転職をするのかなどなど・・・。

彼氏が将来のことをきちんと考えていて、なおかつそれを実現する努力をしているのであれば、堅実な生活を送れるでしょう。

また、外食に行くのではなく家で少しこだわって料理をしてみるとか、買い物や外食などお金を使うこと以外の趣味や楽しみを見つけるようにしましょう。

共働きで気を付ける事はある?

共働きでの収入や仕事時間は異なるので、どちらがどのくらいの負担をするのかを事前に確認しておく必要があります。

  • 家計の分担を確認する
  • 家事の分担を決めておく
  • 出産や育児をするようになったらどうするか(育児休暇中はどうするのか、仕事復帰はいつごろを考えているのか、保育園の問題など)

結婚の段階では出産のことまで考えられないという場合もあると思います。

でも、子どもがほしいのであれば、共働きの女性側の働き方は収入面で大きな差が出てきます。

具体的な話まではできなくても、お互いの希望や現状を把握しておくようにしましょう。

お金に関する考えを共有するには?

例えば女性は「化粧品や洋服は譲れない」と言い、男性は「美味しいものにはお金をかけたい」というように、お金の使い方や考え方は人によって全然違うので、まずはそのことを理解しましょう。

「なんでこんなものにお金をかけるんだ」とか「これはもっと安いものでいいでしょう」というような、自分の価値観だけの考え方を一度リセットしましょう。

どちらかが我慢するのではなく、そのような考え方を共有し、理解することでお金に関する考え方も共有できてきます。

また、「結婚前に同棲をする」「日用品やふだんの食事の買い物も一緒に行ってみる」など、日常生活での金銭感覚を確認してみましょう。

注意したいのは、クレジット払いやローン払いなど、目に見えないお金の使い方に対する考えです。

これらの支払いは言ってみれば借金のようなものですので、カードの使い方などは共有しておくことが大切です。

まとめ

「愛があればお金なんて必要ない!」というのは結婚して実際に生活していく上では難しい考え方です。

愛があれば心は満たされるかもしれませんが、生活の質や欲求を満たすにはお金も必要です。

お金に関する話、特に年収はなかなか聞きにくいと思いますが、結婚を考えているのであれば自分の生活にも影響する大きな問題です。

雰囲気が悪くならないようにうまく聞けるといいですね。

 

彼氏との付き合いで悩んだ時の記事まとめに戻る

 

おすすめの記事