最近なんとなく彼氏の様子が変わったな・・・と思ったら、もしかしたら彼氏が「別れ」を考えているからかもしれません。

女の勘で「別れそう」という前兆を感じたのでしょうか。

突然「別れてほしい」と言われたなんていうこともありますが、多くのケースは彼氏の態度や言葉の変化で別れそうな雰囲気を感じると思います。

この雰囲気を察知したら、別れないように事前に対処することができます。

彼氏の態度や言葉から分かる対処法について、ご説明していきたいと思います。

彼氏と別れそうになった理由を再確認してみましょう

カップルが別れる原因として多いのは次の5つです。

  • ケンカが増えた
  • 彼氏(彼女)の態度が変わった
  • マンネリ
  • 会う回数が減った・遠距離になった
  • 彼氏(彼女)が浮気した

このようなことがふたりの間に起きているのならば、彼氏は「別れ」を意識しているかもしれません。

彼氏の態度で気を付ける事は?

まず注意したいのが連絡の頻度です。

毎日メールやLINEをしていたのに急にその回数が減った、返信までに時間がかかるようになったというのは、わかりやすいサインのひとつです。

連絡が減る原因でもっともあてはまりやすいのが、あなたへの興味=愛情が減ったということなのです。

さらに、デートの約束をなかなかしてくれなくなったり、「次はいつ会える?」と聞いても次の約束をしてくれなくなったのなら、それはあなたのことを避けたいからかもしれません。

男性は女性よりも損得勘定が強い傾向があるので、たとえ彼女であっても好きではなくなってくると自分の時間やお金をかけなくなってきます。

また、手をつないでくれなくなったり、ボディタッチが減ったり、物理的な距離を取ろうとする行動も要注意です。

そのような態度が見られるようになってきたら彼氏の気持ちに変化がないか気をつけてみましょう。

彼氏が別れそうな時に言う言葉は?

別れる直前というのは会う頻度も少なくなるものです。

「会いたくないから」とはさすがに言いにくいので、本当は時間があっても忙しいからと言って会うことを回避しようとします。

他にも、会う約束をしたくてもその日は無理と言われたり、さらにはしばらく会えないと言って会うことを拒否するようになります。

本当に忙しければ、事前に「これから忙しくなるから会える回数が減るかもしれない」と言ってくれるでしょう。

危険なのは、それまでは会っていたのに急に会えなくなるなど、態度が急変した時です。

彼氏からの別れたいサインを察知した時は?

メールやLINEの連絡が減る、なかなか返信がこない

彼氏が自然消滅を狙っている可能性もあります。

ここで何もせずにいると彼氏の思惑通りになってしまうかもしれません。

しかし、しつこく何度も連絡したり、「なんで返事くれないの?」と詰め寄ると、余計に彼氏の気持ちが冷めてしまう恐れもあります。

まずは一度連絡し、返信がなかなか来ないと不安になるかもしれませんが、しばらく様子を見て待ってみましょう。

デートの約束をしない、ドタキャンする

気持ちが冷めてくると会うことが面倒になって、できるだけデートは避けたいと考えて約束をしなくなってきます。

それに、本当に好きな人との約束であれば、平気で遅刻したり、ドタキャンはしないですよね。

それならば、デートに誘うときに彼氏の好きなことでなおかつ盛り上がれるようなこと(スポーツ観戦など)に誘ってみるのも手です。

手をつないだりセクが減る、ボディタッチが減る

そんなに好きではない相手には、体に触れることが減るのは自然なことです。

彼氏が「別れを考えているから、余計な期待はさせたくない」と考えていれば、セックスも減ったり、盛り上がりにも欠けてくるでしょう。

もし手をつなごうとしてくれなくなったり、セクに対しても消極的な姿勢が見られるようになったら、逆に自分から積極的に動いてみましょう。

普段とは違うあなたの様子に愛情を再確認したり、スキンシップをすることで気持ちに変化があるかもしれません。

彼氏と別れそうな時の対処法は?

付き合い始めた頃は相手のことを考え、行動していたはずですよね。

そのときは彼氏もあなたのことを好きだったわけですから、再度その頃の気持ちに戻って、自分の言動や態度を見直してみましょう。

具体的な対処法としては、

  • 自分本位で考えず、相手のことを考えて理解者になる
  • 距離をとって彼を自由にさせてみる
  • 愛情表現が薄れていたのなら、きちんと好きな気持ちを伝える
  • これまでの嬉しさや感謝をちゃんと伝える

などをやってみてください。

もしかしたら彼氏の心が動くかもしれません。

彼氏と別れそうな時の話し合いで気を付ける事は?

とにかく感情的にはならないようにしましょう。

怒ったり、自分の気持ちばかりを相手にぶつけるような話し方は、さらに彼氏の気持ちを冷めさせてしまいます。

また、男性は女性に泣かれてしまうと、何も言えないし何もできなくなるものです。

それだと彼氏の本当の気持ちを聞くこともできず、なんの解決にもなりません。

「泣き落とし」という方法もありますが、話し合いもできなくなるほど泣きじゃくるのは我慢してください。

どちらか一方だけがしゃべるのではなく、冷静にお互いの意見や主張を話し合うことを心がけましょう。

また、お酒を飲みながら話し合うと、本音も言いやすくなりますが、アルコールによって感情的にもなりやすいので注意しましょう。

まとめ

態度や言葉の変化を無視して放っておいたら、いつかは別れが来てしまいます。

あなたが彼氏のことを好きなのならば、自分が変わる努力、別れないようにする努力を怠ってはいけません。

上記の方法が必ず別れを回避できるというわけではありませんが、ぜひ参考にして実践してみてください。

 

彼氏との付き合いで悩んだ時の記事まとめに戻る

 

おすすめの記事