彼女のいびきや歯ぎしりがうるさくてどうしたらいいものかと悩んでいる人はいませんか。

たかがそれくらいで、と指摘をするのは心が狭いとおもわれるのではないかと心配しているかもしれませんが、病気が原因となっていることもあるのです。

彼女のためにも、少しでも心地よい眠りを得るためにも改善法を探っていきましょう。

いびき、歯ぎしりの原因は?

いびきや歯ぎしりはおじさんがするものと思われがちですが、小さな乳幼児でもいびきかくときもあり、誰にでも起こりうる現象です。

いびきの原因

  • 風邪などで鼻が詰まっていることによるいびき
  • お酒の飲みすぎ

これらによるいびきは一過性で、問題視する必要はありませんが同じいびきでも注意が必要ないびきもあります。

では、注意が必要ないびきの原因はどのようなものなのでしょうか。

  • 口呼吸

普段起きている時から口呼吸の方がラクな人もいるのですが、鼻から吸って鼻から出す呼吸が上手くいっていないといびきをかきやすくなります。

  • 肥満によるいびき

器官の周囲に脂肪がつきすぎたため、仰向けで寝ている際に脂肪が器官をせまくしてしまっていびきが起こります。

  • 鼻、喉の疾患によるいびき

副鼻腔炎や、アデノイドといった呼吸に必要な体の部分に疾患あることによっていびきがおきやすくなります。

  • 舌が大きい

もともと舌が大きな形をしている人は睡眠時に筋肉がゆるみ、舌が気道の方まで落ち狭くしてしまう傾向があり、いびきをかきやすくなってしまいます。

これらで起こるいびきは次に説明をする、心配ないびきに繋がるものですから慢性的な疾患であればきちんと治療をしておきたいものです。

では、心配ないびきとは、

騒音レベルのいびきが急にやみ、しばらくしてから再開するもの。

これはいびきといびきの間が無呼吸もしくは低呼吸となっている“睡眠時無呼吸症候群”と呼ばれる症状かもしれません。

将来的に、心臓発作や脳梗塞といった深刻な病気にもつながりかけないものですので専門医に相談することをお勧めします。

歯ぎしりの原因

  • 噛み合わせの悪さ
  • ストレス

この二つの原因が主なものと考えられています。

今すぐにでも急を要するものとは考えにくいですが、歯の圧力というものは相当なものです。

  • 慢性的な頭痛、肩こり
  • 歯がボロボロになる
  • 歯並びが悪くなる
  • 長く続くと顎の形が変形
  • 顎関節症

といった影響を与えます。

女性にとって顔が歪んで来るという事は悲しいことにもなりかねません。

命にかかわるものではないと思わず、連日ひどい場合は歯医者さん等で相談することを考えておくと良いかもしれません。

彼女のいびき、歯ぎしりがうるさくて眠れない時は?

少々のいびきや歯ぎしりではストレスにはなりませんが、騒音レベル、寝ている間ずっとというものであればかなりのストレスとなりますよね。

睡眠不足でストレスを感じたりイライラしてしまうことによって彼女との関係が悪化してはいけませんよね。

耳栓をして聞こえないようにするという対処もありますが、それでもうるさく眠れないのであれば“寝る部屋を別に”することを検討してもいいかと思います。

睡眠不足により、翌日の大事な仕事や運転などに差支えがでては大変困ります。

自分自身の健康を守るためにも気持ちよい睡眠を確保することは大事なことです。

彼女にいびき、歯ぎしりの事を指摘しても大丈夫?

彼女のためと思うのならばいびきの指摘をするべきです。

  • 彼女の健康のため
  • 周囲の人への影響

この二つを優しく伝えてあげましょう。

けっして“うるさい”“女らしくない”といったような言葉は口に出さないでくださいね

彼女自身、彼氏にいびきを指摘されて恥ずかしい、どうしてそんなことを言うのと思うかもしれません。

しかし彼女を大切に思うから、いびきには危険なものもあって心配だからという思いを一生懸命説明することで分かってくれると思いますよ。

彼女にいびき、歯ぎしりを自覚させるには?

 

いびきや歯ぎしりは寝ている本人は分かりません

なんとなくいびきや歯ぎしりをしていたことは分かっていてもどれくらいの音量かは、一緒に寝ている人にしかわかりませんよね。

自覚させたいのであればいびきや歯ぎしりを録音してみてはどうでしょう?

もちろん彼女の了解を得たうえでしてくださいね。

言葉でいくら説明しても伝わりにくいものです。

実際に自分のいびきや歯ぎしりを聞くということは何よりも効果的です。

彼女のいびき、歯ぎしりを治すには?

少しでも彼女のいびきや歯ぎしりを軽くしたい予防したいというのであれば次のような方法を検討してみましょう。

器具を必要とするものですが、市販されるお手軽なものですので手始めにやってみてはどうでしょうか。

いびきの改善方法

  • 枕を低く、横向きに寝る
  • 鼻孔を開くテープの使用
  • 口呼吸をしないための唇を塞ぐテープを貼る
  • 深酒をしない

歯ぎしりの改善方法

  • マウスピースの装着
  • ストレスをため込まない(自然な深い眠りを得ることができる)

自宅でできるものはこのようなものがありますが、それでも改善しない場合はどちらも医療機関で専門的な治療を行ってみることを考えてみましょう。

彼女のいびき、歯ぎしりが原因で別れたい時には?

彼女にいびきを指摘したうえで、改善する意志や努力がまったく彼女に無いのであれば別れを決めても良いかなと思います。

せっかく彼女のためを思っていった事でも、無下にされたとなれば愛情も冷めてしまいがちになりますよね。

きちんと「いびきや歯ぎしりがうるさく、改善する努力もない。そういった人とずっと付き合っていける気がしない」だと伝えていいと思います。

結婚をして一生睡眠不足で過ごす将来は考えられないですよね。

まとめ

たかがいびき、歯ぎしりと大したことないものだと流されやすいですが、一緒に寝ている人に苦痛しか与えないものです。

中には怖い病気を引き起こすものがあるということも分かりましたね。

彼女のためを思うのであればしっかり対処してあげることも優しさの一つです。

少しでも改善し、お互いが心地よい眠りを得られたらよいですね。

 

彼女の悩み記事まとめに戻る

 

おすすめの記事